News おしらせ

2019-05-25 22:22:00

pdf 「嵐のネコ」朝日書評.pdf (1.62MB)

5月25日付の朝日新聞「子どもの本棚」で

紹介されました(*^-^*) 

 

 

2019-03-21 11:32:00

E1703DFC-B2FA-4CF7-9761-AA643C6E46C7.jpeg

 

イギリスのコーンウォール地方で

長く語りつがれる伝説が

美しい児童文学になりました。

小学校低中学年向けですが、

子どもたちはもちろん、

大人の方にも

十分楽しめる作品です。

どうか手にとってみてください!

 

『嵐をしずめたネコの歌』アマゾン

 

2019-03-09 09:53:00

C36FBD6D-4390-45D7-8B17-E45B8DA78D4C.jpeg

シマウマと ゾウと トリは、

なかのいい ともだちです。

まいにち いっしょに あそんでいます。

「ぼくらは なかよし、ラン、ラン、ラン!」

ところが、

あることをきっかけに、

ゾウとトリは

シマウマから離れていってしまいます。

ひとりぼっちになったシマウマは、

どうなるのでしょう?

シマウマとゾウとトリは、

また、なかよしに戻れるでしょうか?

ともだちとの心のすれちがいがあっても、

それを乗り越えると、

まえよりずっと強い絆が生まれることが

小さな子どもたちの胸にも

やさしく伝わる作品です。

そして、「ごめんなさい」の大切さも💕

 

ぼくらはなかよし、ラン、ラン、ラン! 

 

2019-03-09 09:28:00

8270275A-8866-494D-90E7-8330930CB303.jpeg

1904年のセントスイスオリンピックを

絵本で再現した、

とっても愉快で楽しい作品です。

当時のコースは土埃の舞い上がる

でこぼこ道で、

30度をこえる暑さの中、

給水所もあまりなく、

具合の悪くなる選手が続出!

そうかと思えば、

野良犬に追いかけられたり、

のんびりオヤツを食べる選手がいたり…!

驚くようなアクシデントが

つぎつぎに起こります。

オリンピックが始まって間もない頃は

こんなにもドタバタとして、

選手にとっては大変だったのですね。

来年の東京オリンピックに思いを馳せつつ、

楽しんでもらえたらうれしいです😊

 

とびきりおかしなマラソンレース

2018-04-14 19:00:00

ウルフィーのケーキ、2つめは、

コブタの大好物でもあるチョコレートケーキです。

さくらんぼカップケーキと手順はだいたい同じ。

手軽に作れると思います。

間にジャムやクリームをはさむと

豪華で素敵なものになりますよ〜!

 

 

 

<用意するもの>

 

小麦粉        75グラム

 

ベーキングパウダー  小さじ1

 

塩          ひとつまみ

 

ココア        25グラム

 

バター        100グラム

 

(室温に戻してやわらかくするか、レンジで30秒)

 

グラニュー糖     100グラム

 

卵            2

 

(室温に戻し、ときほぐしておく)

 

 

 

15センチか17センチの丸いケーキ型

 

100円ショップで売っている紙製のものがオススメです!

 

金属の型は、生地がくっつかないように、

 

めんどうな工夫が必要なので…)

 

 

 

<飾りつけ>

 

粉砂糖        小さじ1/2くらい

 

ジャムと生クリームは、お好みで

 

 

 

   小麦粉にベーキングパウダーと塩、ココアを加えてふるっておく。

 

   やわらかくしたバターとグラニュー糖をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜる。

 

 (電動式の泡立て器があると、とっても楽です)

 

   卵を少しずつ加えていき、そのたびによく混ぜる。

 

   ①の小麦粉をへらを使って混ぜ込む。

 

   すっかり混ざったら、ケーキ型に入れる。

 

(生地はかためなので、へらで型いっぱいに、まんべんなく敷き詰めてください)

 

   170度のオーブンで35~40分焼く。

 

(竹串を刺して、何もついてこなければ焼きあがりです!)

 

   少し冷めたら型をはずす。

 

(紙の型なら、底面はそのまま残して、側面の紙だけびりびりやぶいて取るだけ!

 

 

 

<冷めたら飾りつけをしましょう>

 

そのままでも十分美味しいです。

 

水平半分に切り離して、間にジャムや生クリームを挟めば本格的な

チョコレートビクトリアスポンジケーキ!

 

茶漉しを使って粉砂糖をケーキの上に振りかければ、完成です。

 

半日〜1日置くと生地がしっとりしてきます。

 

 

 

1 2